大学職員への就職・転職対策サイトトップページ

<Infomation>
◆このサイトについて◆
 このサイトは、大学職員への就職・転職を目指す方が、採用試験に向けてできる限りの準備ができるようにするために、採用試験対策をするうえで必要となりそうな情報をまとめたサイトとしています。一般的に公開できないような情報もあるため、有料会員限定のサイト(月額制)としています。大学職員の採用試験はかなりの高倍率となるため、ライバルに少しでも差をつけたい方や、悔いのない就職・転職活動をしたい方はぜひご活用ください。なお、掲載している情報の性質上、会員数が一定の人数になった場合は申し込みを停止させていただく場合があります。

◆大学職員の採用試験対策オススメ本◆
Amazonレビュー評価4.5の『大学職員の採用試験を受ける前に知っておくべきデータや大学の課題・用語等』
大学職員の面接試験で出される可能性のある59の質問とその回答例を見れる『大学職員面接回答事例集59』

<コンテンツ一覧>
1 大学職員への就職・転職の相談の回答内容の紹介
応募書類に関する相談
志望動機・自己PRに関する相談
書類選考・筆記試験・小論文試験に関する相談
グループディスカッション・集団面接に関する相談
面接試験に関する相談
試験対策に関する相談
採用試験全般に関する相談
勤務状況・仕事内容に関する相談
その他の相談

2 実際にあった面接の質問や筆記試験の内容
秋田公立美術大学
桜美林大学
大妻女子大学
関西学院大学
北九州市立大学
国際基督教大学
滋賀県立大学
東京造形大学(桑沢学園)
立命館大学
琉球大学
早稲田大学

3 各分野の特色ある取組まとめ
教育改革編
生涯教育・リカレント教育編
学生支援編
就職・キャリア支援編
社会貢献編
グローバル化編
ダイバーシティ編
入試・広報編
保護者向けの取組編
学生が運営・企画する取組編

4 大学職員の採用試験を実際に受験した方が作成した面接試験の想定問答
└大学職員の採用試験を実際に受験した方が作成した面接試験で想定される質問とその回答予定内容を紹介しています。

5 【テーマ別作成例あり】大学職員採用試験の小論文でよく出されるテーマへの対策
└事例①:大学職員に求められる能力とは
└事例②:大学職員の役割とは
└事例③:大学が生き残っていくためにはどのような取組が必要か
└事例④:受験生に選ばれる大学になるためには
└事例⑤:本学でグローバル化を推進していくためにはどのような取組が必要か
└事例⑥:これまでの経験を大学職員としてどのように活かすか

6 【テーマ別作成例あり】大学職員採用試験のグループディスカッションでよく出されるテーマへの対策
└事例1:本学が生き残っていくためにはどのような取組を進めるべきか
└事例2:大学はどのような社会貢献の取組を進めるべきか
└事例3:本学のグローバル化を進めるためにはどのような取組が必要か
└事例4:受験生を集めるためにはどのような広報が効果的か
└事例5:大学において寄附金を増やすためにはどのような取組が必要か
└事例6:9月入学を導入することについてどのように考えるか(賛成か反対か)

7 大学職員の採用試験を受ける前に知っておきたい大学のデータ66
└18歳人口(2個のデータ)
└高等教育機関の学校数(4個のデータ)
└高等教育機関への入学者数・進学率(3個のデータ)
└私立大学の入学定員割れの状況(5個のデータ)
└私立短期大学の入学定員割れの状況(5個のデータ)
└グローバル化(国際化)の状況(13個のデータ
└社会人の学び直し(リカレント)の状況(7個のデータ)
└就職率等の状況や企業が大学に求めるもの(7個のデータ)
└受験生が大学選択をする際に重視する要因等(5個のデータ)
└大学における寄附金の状況(10個のデータ)└その他(4個のデータ)

8 今週の大学ニュース
└面接試験での「最近気になったニュースはありますか」に対応するために直近の大学関連のニュースを紹介しています。

9 大学職員採用試験対策に活用できる各大学のニュース
早稲田大学に関するニュースまとめ
明治大学に関するニュースまとめ
立教大学に関するニュースまとめ
法政大学に関するニュースまとめ
関西学院大学に関するニュースまとめ
立命館大学・立命館アジア太平洋大学に関するニュースまとめ
近畿大学に関するニュースまとめ
同志社大学に関するニュースまとめ

10 大学の業界研究をするためにチェックしておくべきサイト10選
└大学の業界研究をするためにチェックしておくとよいサイトを紹介しています。

11 採用試験の就職・転職に関する個別相談に関するご案内
└大学職員への就職・転職活動に向けて、エントリーシートのチェックや面接試験での回答予定内容のチェックなど、個別のご相談をしたい方はこちらをご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ