【大学職員ES実例・例文16個】大学職員になった際にやりたいこと(入職後にやりたいこと)

はじめに


大学職員の採用試験を受けるうえでは、事前に大学が指定したエントリーシート等の書類を提出する必要があります。

エントリーシート等に記載する項目・内容は大学によって異なっており、複数の大学を同時に受験する方にとっては、各大学に応じたエントリーシート等を作成するのが意外と大変だったりもします。

そこで、大学職員採用試験のエントリーシート等で記載が求められる主な項目の作成例を紹介いたします。

この記事は、エントリーシート等の項目としてよくある「大学職員になった際にやりたいこと(入職後にやりたいこと)」となります。

内容や文字数を含め、色々なパターンを紹介しておりますので、ご自身のエントリーシート作成の際の参考にしていただき、ご自身の良さをアピールできるようなエントリーシート等を作成していただくことにご活用いただければと思っております。

なお、その他のエントリーシートの作成例については、

志望動機・志望理由の実例
これまでの職務経験から大学に貢献できることの実例
自己PR・強み(長所)・セールスポイント・弱み(短所)の実例
仕事をするうえで(働くうえで)大切にしていること(心がけていること)の実例
大学時代に力を入れたこと・最も打ち込んだことの実例

をご覧ください。

大学職員になった際にやりたいこと(入職後にやりたいこと)のタイトル

以下のタイトルの例を紹介しています。

事例①:学生や先生方と直接かかわることの多い教務や学生支援に携わりたいとした例

事例②:大学の財政状況が厳しくなる中、新たな財源を獲得できるだけでなく、教育・研究・社会貢献の更なる推進につながるとして「産学官連携」に関する業務に携わりたいとした例

事例③:金融機関での経験を活かして寄附金の獲得や企業からの受託研究の獲得、クラウドファンディングの実施等により、新たな収入を増やすための業務に取り組んでいきたいとした例

事例④:日本の多くの大学ではアジアの国々の留学生は受け入れているが、その他の国の留学生は少ないという現状を踏まえ、海外大学との協定拡大に関する業務に携わりたいとした例

事例⑤:企業において外国籍の社員がうまく溶け込めず本来のパフォーマンスを発揮できない状況があることを踏まえ、留学生のキャリア支援に携わりたいとした例

事例⑥:大学時代に留学を経験したことを踏まえ、日本人学生の海外留学へのサポート、外国人留学生の受入れ、大学内や地域の異文化理解・国際交流に関する業務に携わりたいとした例

事例⑦:大学時代に留学をした経験や海外事務所で勤務した経験から、これから海外に留学する日本人学生や海外から学びにくる外国人留学生、外国籍の先生方への支援に携わりたいとした例

事例⑧:大学時代に企業と連携した授業を受けたことが現職での貢献につながっていると考えていることを踏まえ、企業と連携した授業を増やしていく取組に携わっていきたいとした例

事例⑨:幅広い業務を経験し、大学経営に携わっていきたいことを前提に、まずは入試部の業務に取り組みたいとした例

事例⑩:現職で培った調整力や折衝力の経験を活かし、学生支援・地域貢献・情報発信の3つの取組をしていきたいとした例

事例⑪:データ分析のスキルに基づいた教育・学生支援の改善・新規施策の検討に取り組みたいとした例

事例⑫:外国の方と一緒に働いた経験から留学生支援・外国人研究者支援に取り組んでいきたとした例

事例⑬:良質な学びを提供できる環境づくりや学生が自分のやりたいことをチャレンジできる仕組みに携わりたいとした例

事例⑭:現職の広告代理店の経験や企画力・関係構築力を活かして広報業務に携わりたいとした例

事例⑮:学生支援の中でも特にキャリア教育を充実させる業務に携わりたいとした実理恵

事例⑯:研究支援業務に従事したいとした例

実際の例(文章例)の閲覧方法

実際の例(文章例)はこの後に掲載をしています。この記事で紹介している例(文章例)を閲覧したい方は、「codoc」というサイトを通じて有料会員登録(サブスクリプション購入)をしていただく必要があります。サブスクリプション購入していただくことで、本サイトのすべての記事を閲覧することができるようになります。

実際の作成例(文章例)の紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ