大学職員の採用試験を受ける前に知っておきたい各大学の特色ある取組【学生支援編】

大学職員の採用試験を受ける際には、受験する大学に必要となる取組や、入職後にやってみたい取組などを提案する場面があります。

その際に、各大学の特色ある取組を知っておくことで、自分自身の提案の幅を広げることができたり、A大学とB大学の取組をアレンジすることで、どの大学でもやっていない新たな取組を生み出すこともできたりします。

このサイトでは分野ごとに特色ある取組を紹介する記事を作成しており、この記事では「学生支援」に関する各大学の特色ある取組を紹介いたします。

大学では、学生に勉強をしていただくと同時に、様々な活動にも参加していただき、人間的にも成長していただきたいと考えています。

また、単に学びの場を提供するだけでなく、様々な支援を行いながら、学びやすい環境を整えることも大学の役割だと考えています。

私個人としては、このような支援制度を充実させることにより、学生の大学生活の満足度を高めることができ、学生の満足度を高めることができれば、卒業後、その学生自身が大学の広報マンとして口コミで大学を宣伝してくれることになると思っています。

大学職員の採用試験を受験する段階では、どうしても教育改革や地域貢献、産学連携などを考えがちですが、「学生支援」という視点ももっておくと、他の受験者よりも知識の幅が広がるのではないかと思っています。

この記事をご覧いただきまして、書類選考における志望動機や自己PRを作成する際の参考にしたり、小論文試験、グループディスカッション、面接試験の際にご活用いただけると幸いです。

★この記事で紹介している取組★

1 経済支援に関する取組(8取組)
2 新入生を歓迎するためのイベント(3取組)
3 学生の満足度を高める取組(13取組)
4 学生の起業を促進する制度(7取組)

★この記事の閲覧方法★

各大学の特色ある「学生支援」の取組を見たい方は、「codoc」というサイトを通じて有料会員登録(サブスクリプション購入)をしていただく必要がございます。有料会員登録(サブスクリプション購入)をしていただくことで、本サイトのすべての記事を閲覧することができるようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ